ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)ってなに?

BCH(ビットコインキャッシュ)とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日にビットコインのハードフォークから生まれた比較的新しい通貨です。
名前の中にビットコイン(BTC)とはいってるように元々はビットコインでしたが、開発者達の思想の違いで分裂して出来た通貨なのでビットコインと関係してると思われがちですが、誕生以降、ビットコイン(BTC)と特に連動等もないので1つのアルトコイン(オルトコイン)と認識してもらっても大丈夫です。

ですが、他のアルトコインと違い、元々ビットコインの開発に携わっていた関係もあるのでネームバリューはかなり有り、認知度も高い通貨になります。

ビットコインキャッシュの特徴

 ビットコイン ビットコインキャッシュ
決済 主な用途 決済
BTC 通貨単位 BCH/BCC/XBC
2009年1月 開始年月 2017年8月
不在 管理者 不在
ビットコインコア 開発 開発チーム(独立)
PoW ブロック作成 PoW
約10分 ブロック作成時間 約10分
1MB 最大ブロック容量 制限なし(8MB)

 

表を見てもわかるように、明らかに違うのは「最大ブロック容量」です。

単純に考えて8倍の処理速度だと言うことですが、色々な問題があり素直に8倍とは言えないのじゃないのかって感じです。
ただ現段階ではBTCよりは送金速度や処理速度が早いのは事実です。

その問題もビットコイン(BTC)は「Segwit」の導入で解決できると発表しています。BCHにはこの機能はないので、そこは大きな差だと思われます。

上記のような主な違いがあるビットコインとビットコインキャッシュですが、実は両者は「取引処理能力を向上させる」という目標の為に異なるアプローチをとっただけで優劣は結果を見てみなければ分かりません。

「ここらへんが分裂の原因だったのかも知れませんね・・」

お互いの考え方

ビットコイン(BTC)

ビットコインコア開発者がSegwitを導入し、かたくなにブロックサイズを大きくしない背景にBlockstream社の存在があるという見方もされます。

Blockstream社はビットコインのブロックチェーン以外の場所でのやり取りをする為の技術を提供する会社で、ビットコインの取引処理向上の為にSegwitが取り入れられるとその会社に利益があがるからという見方もありますが実際のところは・・ビットコインコア開発者がそのような思惑でブロック容量拡大を拒むかは考えにくいのかな?って感じですが、飽くまで世間的にはそのような見方もあるようです。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュのようにブロック容量を拡大させブロックチェーンのみで取引処理を行うとその全ての取引手数料がマイナーに入ります。

この為、ビットコインキャッシュ支持はマイナーが多く、マイニングこそがビットコインを稼働するもので、そのインセンティブを下げる事がビットコインにとって悪い事態を招くとされています。

BCHを支持する著名人

ビットコイン界の神と呼ばれるほどの影響がある

・ロジャー・バー氏

Bitmain社という中国最大のマイニングを専門とする企業の代表

・ジハン・ウー氏

マカフィー砲で有名な

・ジョン・マカフィー氏

XRPとの提携が話題となったSBIグループ

・北尾吉孝

皆さんもご存知の著名人もビットコインキャッシュ(BCH)の方が優れていると、資産のBTCを殆どBCHに変えているとい話もあるので、ハードフォークしたコインの中ではかなりの成功しているコインだと思われます。

ビットコインとビットコインキャッシュのどちらが優れているかは、私のような身分ではお応えできませんが・・今後は何かが起こる仮想通貨なので目が話せないのは事実です!

更に2018年の5月にビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで最大ブロックサイズを32MBに拡張されると言われているので要チェックです!

 

応援宜しくおねがいします~\(^o^)/
仮想通貨ランキング
にほんブログ村も参加してるので応援お願いします。 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村